Blog

2018/6/5

【2018年1~4月】evoworx制作サイトまとめ

Tags

Written by

BACK

はじめまして!新人デザイナーのミズノです。
Web制作のスキルをあげるためによくやっているのがいろんなWebサイトを見てデザインの「意図」を考えることです。意図を考えることで目的状況に応じたデザインの引き出しも増えていきますよね。

今回は先輩デザイナーに制作したデザインの意図を聞いてみましたので紹介したいとおもいます!

脇すっきりリボンブラ 18SS

http://www.wacoal.jp/ribbonbra/wakimune/

ピンクを基調とし、かわいさの中に大人っぽさを残したデザインを意識しまし た。広告動画で登場するミラーボールから連想して「丸」をモチーフに採用。 背景のアニメーションの演出などに使用しています。

Heavy Rotation

http://www.isehan.co.jp/heavyrotation/

トップのメインエリアでは、商品とシーズンイメージを連動させ、訴求力をより高めた構成に。「眉メイク専門ブランド」として、商品特徴を伝えていく詳細ペ ージをスマホファーストで設計しました。

SUHADA シリーズ 2018SS

http://www.wacoal.jp/suhada/

シリーズが豊富なSUHADAを分かりやすく展開するため、総合トップにアイテム別の導線を設置。初回訪問者へは機能種の認知、リピーターへはスムーズな購入導線と目的別で訴求。

WORK STYLING

https://mf.workstyling.jp/

組織に所属するビジネスパーソンが自分に合った新しい働き⽅を実現する場「ワークスタイリング 」のサイトリニューアル。ブランドイメージ・ロゴのリニューアルにともない、サイトイメージとコンテンツも強化。アイコンをポイントに、スタイリッシュで都会的なイメージにまとめた。企業から新サービスが登場するということで、リリースまで沢山の人が関わるため、それをまとめ上げるのもWEBサイトの役割だと実感した案件です。スピード感のある中、公開まで進めました。

京王興産

http://www.keiokosan.jp/

余白を大きく空け、画像エリアと文字のエリアを分割することで、各サービスが立つよう空間にこだわったデザイン。企業イメージに合う昼の雰囲気を元に制作しています。

笹塚ボウル

http://sasazukabowl.com/

笹塚という街に根付く「笹塚ボウル」というカルチャーを、前衛的なデザインと様々なシーンの写真で伝える。サイト全体では、モノトーンとビビットな色使いで、前衛的でスポーティなデザインに。画面を横断するレーンにはボーリングが転がり時々弾けたり、大きなボタンが横に流れるなど、POPでシニカルな動きで 大胆な演出を追加しています。制作前にメンバーみんなで笹塚ボウルを訪問し、ボウリングパーティを体験させていただきました!その時に感じた「笹塚ボウル」について、みんなで話し合い提案したサイトです。

ESCRIT コーポレート

https://www.escrit.jp/

新しくなったロゴを象徴的に配置し、NEWシンボルを印象づける左メニュー固定案。

高木学園附属幼稚園

https://takagi-kids.ed.jp/

園舎の建て替えと共に、サイトリニューアルを担当。園舎の建て替えには森本千絵さん、隈研吾さんといったトップクリエイターが携わっており、その世界観がサイトでも伝わるように意識した。すこしくすんだ色を使用していながらも、明るさ、優しさのあるデザインに。メニューのホバーなどちょっとした遊び心も忘れずに!!

まとめ

普段は自分でデザインの意図を考えるだけだったので制作者からデザインの意図が聞けてとても勉強になりました。また定期的に紹介していけたらと思います。ありがとうございました!

 

 

Recommend