語ってみました。

働いてみて感じること。
わたしたちの今とこれから。

日進月歩のWeb業界では、クリエイターに求められる能力も、日々移り変わっています。
そんななか、EVOWORXのクリエイターたちはどのような仕事をして、
どんなキャリアを目指しているのでしょうか? 対談形式でご紹介します。

対談メンバー

  • photo:山田 icon:山田 コーダー 山田 将之 自身が通っていた写真専門学校の教務スタッフとなり、その後EVOWORXに入社。現在はエンジニアとして活躍しながら、リーダー職としてチームのマネジメントも行う。 このメンバーについてはこちら
  • photo:本宮 icon:本宮 コーダー 本宮 優紀 音楽関係のWeb制作からキャリアをスタートし、その後ニュースサイトの運営に携わる。EVOWORXに入社し、CMS案件などを中心にエンジニアとして活躍中。 このメンバーについてはこちら
  • photo:竹田 icon:竹田 デザイナー 竹田 佳奈 芸大を卒業後、アパレルの販売員を経験。Web業界に転職し、ゲームなどのデザイン案件を中心にチーフデザイナーとして活躍。その後、EVOWORXに入社しメインデザイナーとして活躍中。 このメンバーについてはこちら

EVOWORXのデザイナー・
エンジニアってどんなお仕事?

icon:山田山田

まずはみんなの普段の仕事の紹介から。僕は、エンジニアなので基本的にはコードを書く作業がメインです。最近ではリーダー職になったので、コーディングの実務のほかに、自分のチームや他のメンバーの案件状況を把握したり、会社でやるべきだと思ったことは積極的に動いてます。専門学校にリクルーティングにいったりとかも、その1つ。本宮くんもエンジニアですが、どうですか?

icon:本宮本宮

僕もコードを書くのがメインですが、そのなかでも、CMS案件を多く担当しています。CMS案件は運用や更新の方法をお客さんにヒアリングしながら決めていくので、お客さんと直接やりとりをすることも多いです。お客さんとのやりとりは、エンジニアの中では一番多いかな?

icon:竹田竹田

EVOWORXはエンジニアでもデザイナーでもお客さんのところに打ち合わせにもいくし、やりとりすることが多いよね。私はデザイナーだけど、ECストアの運用案件ではディレクターの役割も兼務しています。お客さんと相談して、スケジュールをたてたり、テストアップから納品まで任せてもらってますね。

icon:山田山田

EVOWORXはディレクターの人数が少ないから、デザイナーとエンジニアに求められる領域も広いよね。

icon:竹田竹田

その分、お客さんの目的を意識しながらデザインができるから、そこは良いところかも。

icon:本宮本宮

担当者の顔を知ってるだけで、モチベーションも全然違うよね。

icon:竹田竹田

うん、全然違うね。ちょっと難しいオーダーが来たときも、担当者の顔を思い浮かべながら「あの人のために!」ってがんばれるし。何より、直接お客さんの意図や目的をヒアリングできるのが、クリエイターとしては嬉しい!

イマドキのエンジニア・
デザイナーに求められているのは?

icon:山田山田

動きがない完全に静的なサイトをつくることって、今はあまりなくなってきているよね。

icon:本宮本宮

最初のキックオフの段階で、既に動きはどうしましょうって話をするしね。

icon:竹田竹田

デザインもコーディングもできる人なら、両方やっちゃってもいいけど、私はデザイン専門。
だから、エンジニアに「こういう演出したいけど、どう?」って聞いて、モックをつくってもらったり、密にコミュニケーションをとるようにしている。

icon:山田山田

動きからデザインを発想することもあるし、今後はデザイナーとエンジニアがそれぞれの仕事の領域をきちんと把握して、上手くコミュニケーションをとらないといけないね。これまでははっきりと領域がわかれていたけど、今はもっとグラデーションみたいになっているイメージ。

icon:本宮本宮

違う領域の業務の知識もそうだけど、エンジニアとしてのスキルアップも常にアンテナをはっていないとついていけなくなっているよね。jQueryがメジャーだと思っていたら、突然Vue.jsがあらわれたり…。

icon:山田山田

デザインの方はどうなの?

icon:竹田竹田

うーん。やっぱりデザインのトレンドも変化が早いし、いろんなサイトは意識して見るようにしてるかな。

icon:山田山田

最近だとUIとかUXの重要性とか、よく言われているよね。

icon:竹田竹田

そうだね。UXに関しては、私はデザイナーだけの仕事じゃないと思ってて。ユーザーにどんな体験をしてもらうかは、やっぱり、ディレクター、デザイナー、コーダー、プロジェクトメンバーみんなで考えていく必要があると思う。

icon:山田山田

確かにUXに関してはそうだね。だからEVOWORXではディレクターもデザイナーもエンジニアもみんなで、キックオフのときに意見を出し合ってるんだよね。

icon:竹田竹田

せっかく会社にいるわけだし、みんなでやるからこそ作れるものを作りたいじゃない。

icon:山田山田

あとは、最近だとEVOWORXも保守とか運用のお仕事が多くなってきているけど、「サイトをつくったら終わり!」じゃなくなってきているのを感じる。

icon:本宮本宮

確かに、良いWebデザインのあり方が変わったというかーー

icon:竹田竹田

私が担当している案件だと、お客さんからPVとかヒートマップ分析の結果とかが送られてきて、具体的に指示をもらうことも多くなっている。デザイナーも結果にコミットすることが求められていると感じています。

icon:本宮本宮

そういうときはどういう提案をしているの?

icon:竹田竹田

サイトのトップで派手な演出をしないとか? ただの演出先行ではなく、トップに必要な情報を最適にデザインすることが大切だと思うし、目的に即したデザイン性や演出がないと成果を出せないと思うから、制約の中でどう組み立てていくか頭を悩ませているかな(笑)。

EVOWORXにはどんな
キャリアパスがあるの?

icon:山田山田

次にEVOWORXではどんなキャリアパスを描けるか、というテーマなんだけど。

icon:竹田竹田

やっぱりEVOWORXは早くに案件を任せてもらえるし、一緒にがんばれる仲間もいるから、成長のスピードが早いっていうことに尽きると思う。あとは人数が少ない分、関われる仕事の幅が広いこと。

icon:本宮本宮

他の職種の仕事もよく見えるしね。

icon:竹田竹田

だからデザイナーやエンジニアからディレクターっていうキャリアパスはあるし、職種を変えて挑戦してみたいっていう人にもEVOWORXはいいんじゃないかな。

icon:山田山田

コミュニケーション能力を磨いて、ディレクターの役割にシフトしていく人もいれば、専門職としてのスキルをつきつめていくエキスパートタイプもいるよね。竹田さんはエキスパートタイプ?

icon:竹田竹田

そうだね、私はどちらかというとエキスパートタイプかな。でもデザイナーの中でも、リソースの管理も含めてやるようなディレクタータイプもいるよね。

icon:山田山田

EVOWORXは、会社がキャリアパスを用意するというより、社員それぞれに考えさせて、自発的にやりたいといったことを叶えてあげたり、応援してくれる感じがあるね。本宮くんは今後、どんなことをやってみたい?

icon:本宮本宮

僕は自分が年齢を重ねてもずっとコードを書いているっていうイメージが湧いていなくて。これからはディレクタースキルを磨いていきたいと思って、EVOWORXに入社したんだよね。

icon:山田山田

そうなんだ。逆に僕はずっとプログラマーでも良いと思っているけど、でもずっと会社にいるとポジションがあがって、マネジメントをしなきゃいけなくなったりもするし、会社のためになることをやっていきたいっていう意識が強いかな。

icon:竹田竹田

2人ともすごいマジメ(笑)。私はずっと80歳になってもデザイナーやってたい! でも、今いろいろ新しいことが世の中にたくさんあるから、2足の草鞋で、そっちもやってみたいなーなんて。

icon:山田山田

YouTubeチャンネル始めたいって言ってたよね?

icon:竹田竹田

そう、やりたい!デザイナーと兼業で、YouTuberになったら絶対おもしろいじゃん!って思って(笑)。

icon:山田山田

いつのまにか本業よりもYouTuberの方が稼げるようになってたりして(笑)。
まあ、個性的なメンバーもいますが、共通して仕事に対しては真面目で、新しいことへ挑戦意欲が高い人が多いのがEVOWORXの特徴だね。

募集職種

一緒にモノづくりをする仲間募集中