Blog

2017/11/15

MAMPインストール・ローカルサーバーの設定

Tags

Written by

BACK

MacでMAMPのインストール~ローカルサーバー立てるまでの手順です。

MAMP インストール

https://www.mamp.info/en/の次のページからダウンロードできます。インストーラーで簡単にインストールできます。(PRO版不要な方はチェックを外すのを忘れずに)

MAMPの設定

1./Applications/MAMP/のMAMP.appを起動します

2.「Preferences」をクリックします

3.MAMPの起動・終了時の動作の設定です

When starting MAMP / MAMP起動時に

  • Start severs … MAMPを起動した時に、サーバーを起動するかどうか。
  • Check for MAMP PRO … MAMP PROの宣伝なので外しておきましょう。
  • Open WebStrat page … MAMPを起動した時に、スタートページを開くかどうか。

When quitting MAMP / MAMP終了時に

  • Stop servers … MAMPを終了した時に、サーバーを終了するかどうか。

このチェックは自分の好みです。OKを押せば設定できます。

4.ポートの設定

この状態だと、MAMPのApacheへのURLがhttp://localhost:8888/です。
“Set Web & MySQL ports to 80 & 3306(WebとMySQLのポートを80と3306に設定)”を押すとhttp://localhost/に変更されます。
私の場合は、サイトごとにポート番号を変えているのでデフォルトのまま使っています。

MAMP起動・終了時に毎回パスワードを聞かれる
デフォルトのまま使っているのは、以下のような理由もあります。

デフォルトが「8888」であるApacheの使用ポートを「1024」より小さい数字に設定した場合、MacOS XのようなUNIX環境下ではIPサービスを開始・終了するためにroot権限が必要になり、パスワード入力を求められます。

参考:MAMP起動・終了時のパスワード確認を黙らせよう!

5.PHPの設定

PHPのバージョンと、キャッシュの設定ができます。

6.ウェブサーバーの設定

  • ApacheかNginxが選べます。
  • Document Rootは4で指定したポートで表示するディレクトリを指定します。
  • デフォルトは /Applications/MAMP/htdocsです。
  • Document Root(ドキュメントのルート)横の矢印をおすと、Finderが表示されるので、Document Rootにしたいファイルを選択したらOKを押してください。

バーチャルホストの設定

バーチャルホストの設定をすると、複数のプロジェクトで使うことができます。
ネームベースで設定する方法と、ポート番号ベースで設定する方法がありますが、ネームベースはhostsの設定なども必要なため今回はポート番号ベースで説明していきます。

httpd.confの設定

/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.confの中の
Virtualhosts 用の設定ファイルのIncludeのコメントアウトをはずします。

# Virtual hosts
# Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

# Virtual hosts
Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

httpd-vhosts.confの設定

/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.confをひらきます。
27行目あたりに、バーチャルホストの設定のサンプルがあります。

# <VirtualHost *:80>
#     ServerAdmin webmaster@dummy-host.example.com
#     DocumentRoot "/Applications/MAMP/Library/docs/dummy-host.example.com"
#     ServerName dummy-host.example.com
#     ServerAlias www.dummy-host.example.com
#     ErrorLog "logs/dummy-host.example.com-error_log"
#     CustomLog "logs/dummy-host.example.com-access_log" common
# </VirtualHost>

いろいろありますが、最低限下記の内容が設定してあれば大丈夫です。

Listen ポート番号
<VirtualHost *:ポート番号>
    DocumentRoot "/Users/ユーザ名/開発環境までのパス"
</VirtualHost>

例)

Listen 10001
<VirtualHost *:10001>
    DocumentRoot "/Users/UsersName/XXXX/htdocs"
</VirtualHost>

以上を設定すると、localhost:10001 や 127.0.0.1:10001 でアクセスできます。

ローカルでのURLについて

  • 同一ネットワーク内であれば、 Macのメニュー>システム環境設定>共有 で設定したコンピュータ名を使って、コンピューター名+ポート番号でも接続できます。
    例)例)http://name_mypc.local:10001/

  • 社内LANで固有のIPが振られている場合は、それを使うことで社内の人に共有もできます。
    例)http://社内IP:10001/

参考サイト

Recommend