copy_people copy_things copy_matter ttl_topics ico_blank ico_facebook ico_twitter ico_hatebu ico_index

2021/08/27

ポップでレトロ!80年代のデザインスタイル「メンフィス」とは?

INDEX

    こんにちは!長引くリモートワークで独り言が止まらないデザイナーの森本です。
    突然ですが、以下の画像のようなデザインを上司や同僚に説明したいとき、みなさんはどのように説明しますか?

    「いろんな形の図形や線が散りばめられている」「カラフルでポップな感じ」
    と説明すれば、相手にはなんとなく伝わるかもしれませんが、こちらのデザインパターンには名称があります。
    それが、「メンフィス」スタイルです。私自身、上司に上手く説明できずにモヤッとしたことがあります。また、こうしたデザインのインスピレーションを集めたいときに、デザインの名称がわからないとPinterest等のSNSで検索することができません。今回の記事では、知っておきたいメンフィスの基礎知識をまとめました!

    メンフィスの基礎知識

    概要

    メンフィスとは、1981年にエットレ・ソットサスが中心となりイタリアのミラノで結成されたデザイン集団です。エットレ・ソットサスは、20世紀を代表するイタリアのデザイナーで、作品は建築からインダストリアルデザインまで多岐にわたります。

    メンフィス結成当時のメンバー(最右端がエットレ・ソットサス)
    引用元:Memphis Milano Official Site

    「メンフィス」という名前は、メンバーがエットレ・ソットサスの家に集まっていた時に流れていたボブ・ディランの曲「Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again」に由来しています。ちなみにMemphisはアメリカ テネシー州の都市で、ブルース発祥地の1つとして知られています。

    メンフィスにはイタリア国外のデザイナーも参加しており、日本からは梅田正徳、磯崎新、倉俣史郎が参加しました。上記写真のメンバーが寝そべっているプロダクトは、梅田正徳が手がけた「TAWARAYA RING」です。カラフルなロープと白黒ラインのボクシングリング、そしてその上に畳が敷かれている独創的でザ・メンフィスな作品です!

    結成から毎年コレクションが発表されましたが、メンフィスとしての活動は1988年に解消されました。プロダクトについては、現在もMemphis Srlから購入することができます。

    メンフィスの特徴

    引用元:ARTnews

    メンフィスの特徴として、幾何学的な図形、ラインや波線が多用されていること、またビビッドな配色になっていることが挙げられます。形、色、要素の数が多いので、賑やかで楽しい印象を与えるデザインになる傾向があります。機能性とは相反するような、装飾的なデザインが特徴といえます。

    メンフィスが与えた影響

    メンフィスが登場した当時、これまでになかったデザイン手法だったため奇抜だと批判する声もありました。またデザイン性に特化したスタイルであるが故、メンフィスの家具が一般家庭に広まることはなかったようです。しかし、メンフィスは世界の建築・デザインに多大な影響を残しています。

    Christian Dior Fall 2011 Couture
    引用元:VOGUE RUNWAY

    アパレル業界ではChristian Diorの2011-12秋冬オートクチュールコレクションのようにデザインコンセプトとして使用されるなど、現代社会にもメンフィスの影響が見られます。みなさんも、家具、パッケージデザイン、広告など様々な場面でメンフィスの影響を受けたデザインを見つけることができるのではないでしょうか。
    ちなみに世界的アーティストのデヴィッド・ボウイは、メンフィスの熱心なコレクターとして有名でした。メンフィスの家具でインテリアを上手くまとめるのは凡人には難しそうですが、デヴィッド・ボウイなら納得です!

    デヴィッド・ボウイが所有していたメンフィスのソファー Big Sur
    引用元:Sotheby’s

    Webデザインでの活用例

    メンフィススタイルはもちろんWebデザインでも見られます。参考サイトと一緒に、活用例を見ていきたいと思います。

    デザインを盛り上げるあしらいとして

    VOGUE 80s Fever

    上記サイトでは、メインビジュアル周りににあしらいとしてメンフィススタイルが使われています。特徴的な写真と中央のタイトルだけでもインパクトがありますが、周りに装飾的なあしらいを入れることでデザイン性がグッと上がっています。80年代ファッションをテーマにしたサイトなので、メンフィスとの相性は抜群ですね。

    メインビジュアルやボタンの背景に

    CHAI GLOBAL

    こちらのサイトでは、メインビジュアルやボタンの背景にメンフィススタイルが見られます。メンフィスのデザインは幾何学図形やラインで余白を埋めることができるため、背景パターンとして活用できます。上記画像の「NEWS」ボタンは、右隣の「LIVE」の写真と同じくらいの存在感があります。

    アニメーションと合わせて

    UPPERQUAD

    こちらのサイトでは、サイト全体を通して見られる様々な色・形の幾何学図形が印象的です。特に図形を使ったアニメーションが個性的で、レトロな印象になりがちなメンフィススタイルも現代的な雰囲気に仕上がっています。

    イラストと合わせて

    MEJINAVI 2021

    最後にご紹介するのは目白大学の受験生向けのサイトです。こちらのサイトでは、メンフィスを感じさせるデザインのあしらいと個性的なイラストがふんだんに使われています。メンフィスはポップでかわいいイラストとの相性がいいですね。

    おわりに

    いかがだったでしょうか?メンフィススタイルをデザインに取り入れる際の参考になればうれしいです。ミニマルなWebデザインが多く見られる今日ですが、メンフィススタイルを上手く活用すれば、かえって新鮮なデザインに仕上げることができるかもしれません。彩度を落とした配色やネオンカラー、アニメーションや3Dグラフィックを取り入れることで、現代的な印象を与えることもできます。私もメンフィススタイルを上手く活用していきたいと思います、またザ・メンフィスなデザインにもいつか挑戦してみたいです!

    今回の記事をまとめるにあたり、デザイン制作の現場で他者とのコミュニケーションにおける共通言語の重要性を改めて感じました。イメージボードでの共有も便利ですが、1つの言葉だけでお互い認識を合わせることができればコミュニケーションのスピードも上がるのではないでしょうか。また機会があれば、別のスタイルについてもまとめてみたいと思います。それではまたお会いしましょう!

    CONTACT

    お仕事のご相談や、弊社についてのご質問や
    ご要望など、お気軽にお問い合わせください。

    View