Blog

2018/9/11

スプレッドシートをtableに表示したい

Tags

Written by

BACK

こんにちは。tsubouchiです。
今回は、はじめてVue.jsに触れたことを。
スプレッドシートをJSON出力してVue.jsで表示します。

経緯

弊社では、ページ数が多いサイトを構築する時にスプレッドシートでページ一覧を管理することがあります。
また、ページ一覧をhtmlにも表示してお客さまとのやりとりに使っています。

実はこれまで、html版も手作業でtableタグを組んでいました。
これをスプレッドシートと一緒に一括管理にしたい。

「せっかくだからVue.jsにしなよ」の鶴の一声でVue.jsでつくりました。

流れとしては
1.スプレッドシートをJSON形式で出力する
2.Vue.jsでhtmlに表示する
です。

1.スプレッドシートをJSON形式で出力する

実は、ここまでは鶴・・・okoshiさんが紹介してくださいました。
こちらの記事を参考に、スプレッドシートとGoogle App Scriptを作成します。

2.Vue.jsでhtmlに表示する

(1)スクリプト読み込み

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue@2.5.17/dist/vue.js"></script>
<script src="https://unpkg.com/axios/dist/axios.min.js"></script>

axiosはVue.jsでjsonを読み込む時に使います。

(2)json読み込み

公式を参照します。

new Vue({
  el: '#app',
  data () {
    return {
      info: null
    }
  },
  mounted () {
    axios
      .get('https://script.google.com/macros/s/AKfycbxBzb-mvxcuUgH19ILr76vZUm577Ka-ouTwSvkWq_f3D5ta2Mk/exec')
      .then(response => {
        this.info = response.data
      })
  }
})
<div id="app">{{info}}</div>

スプレッドシートが↓だったとして、

出力結果はこちら。

あとはこれをループにして取り出します。
if文きったりしたものがこちら。

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja">

<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge">
<meta name="viewport" content="width=device-width">

<title>サンプル</title>

<style>
table {
    width: 100%;
    max-width: 100%;
    border-collapse: collapse;
    border-bottom: 1px solid #ccc;
    border-left: 1px solid #ccc;
    border-right: 1px solid #ccc;
}

table th,
table td {
    border-top: 1px solid #ccc;
    border-right: 1px solid #ccc;
}

table td.id {
    width: 4rem;
}

table td.title {
    width: 20rem;
}

table td.title.lvl2 {
    padding-left: 2rem;
}
table td.title.lvl3 {
    padding-left: 4rem;
}

table td.design,
table td.test {
    width: 8rem;
}
</style>
</head>



<body>

<div id="app">
<table>
    <thead>
        <tr>
            <th>ID</th>
            <th>タイトル</th>
            <th>デザイン</th>
            <th>テストアップ</th>
            <th>備考</th>
        </tr>
    </thead>
    <tbody>
        <template v-for="item in info">
            <tr>
                <td class="id">{{item.id}}</td>
                <td class="title lvl1" v-if="item.title_lv1">{{item.title_lv1}}</td>
                <td class="title lvl2" v-if="item.title_lv2">{{item.title_lv2}}</td>
                <td class="title lvl3" v-if="item.title_lv3">{{item.title_lv3}}</td>
                <td class="design">
                    <a :href="item.design_url" target="_blank" v-if="item.design_date">{{item.design_date | moment }}</a>
                </td>
                <td class="test">
                    <a :href="item.test_url" target="_blank" v-if="item.test_date">{{item.test_date | moment }}</a>
                </td>
                <td class="note">{{item.assigned_c}}</td>
            </tr>
        </template>
    </tbody>
</table>
</div>


<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue@2.5.17/dist/vue.js"></script>
<script src="https://unpkg.com/axios/dist/axios.min.js"></script>

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/moment.js/2.22.1/moment.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/moment.js/2.22.1/moment-with-locales.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/moment-timezone/0.5.21/moment-timezone.min.js"></script>

<script type="text/javascript">
new Vue({
    el: '#app',
    data () {
        return {
            info: null
        }
    },
    mounted () {
        axios
            .get('https://script.google.com/macros/s/AKfycbxY7rSv8Mw3qRoZQRdaZ_3GPyc1JKClkz1rIcZt9Y6rjQGyRrY/exec')
            .then(response => {
                response.data.shift();//スプレッドシートの1行目は日本語の列名だから除く
                this.info = response.data
            })
    },
    filters: {//日付をフォーマットする
        moment: function (date) {
            return  moment(date).format('M/D');
        }
    }
})
</script>

</body>
</html>

参考

Recommend